幼児教育とは

【幼児教育について】
最近は「幼児教育」という言葉や「幼児教室」という言葉がよく耳に入ります。
最近ではこどもを私立の小学校や幼稚園に入学させる家庭も多く、通学だけでなく通信教育などでも幼い時期に教育を施す親も増えています。
まだ幼く一般的にみて早い段階で、英語や音楽などの教育を行ういわゆる早期教育と呼ばれるものは、幼児教育の本質とは少し異なるところがいくつかあります。
本来の幼児教育や幼児教室に通う目的は、単純に「遊ぶ」ことを通して幼児ひとりひとりの個性や長所を伸ばすことに意味があると考えられています。

また、早い時期に幼児教室や幼児教育に通わせることには、良い点と注意しなければならない点があります。
良い点として挙げられるのは、自分のこどもの隠れた才能や長所を発見することができるという点です。
昨今の日本では、全国的な学力低下やいじめ、不登校問題など、多くの問題が発生しています。
このような現状では、こどもの長所がなくなっていったり、引っ込み思案になったり、才能を発揮する場面が消えてしまう恐れがあります。
そのような理由のため、幼児の早い時期から幼児教育や幼児教室に通わせることで、英会話やピアノなどの才能や技術を身に付けさせることによりこどもの自信が付いていきます。
また、素晴らしい学校生活を送ることにも良い効果をうみます。

注意する事としては、まだ幼い時期にこどもに勉強やならいごとを強要することで、こどもに悪影響を及ぼしてしまうことです。
教育に時間をあまりにかけすぎてしまうと、そこに時間を取られすぎてしまい、子供が友達と遊ぶ時間が減ったりなくなったりしまうこともあるので注意しましょう。

イチ押しリンク

幼児教室のことならこちら|知能研究所(知研)
幼児教室に通わせるか東京で悩んでいるなら|幼児教室

archive
category
  • カテゴリーなし
calendar
2014年9月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930